野球で身長が低い悩みを持つ君へ

身長の低さに悩む男性

 

野球が大好きで毎日野球のことばかり考えているけれど、身長が低いことに悩まれている方はとても多いですね。

 

投手としてより速い球を投げたり、野手としてよりバッティングの飛距離を伸ばすためには身長が必要だから、身長が低いと野球選手として不利ということはずっと昔から言われてきていることです。

 

実際に高校でも野球をしたかったけれど、身長が低いから通用しないと思い入部を諦めた方もいるくらいですし、なにより強豪校は「この子たち本当に高校生なの?」というくらいとても大きな体をしている方ばかりです。

 

ただ、中には野球は身長が低い場合でもほとんど関係ないといわれる方もいます。

 

実際のところ、野球で身長が低いのは不利になってしまうのでしょうか。

 

これに関しては、野球はスポーツの中では極端に身長が大きく関係するスポーツではありませんが、より上を目指すにはどうしても不利になってしまうのはたしかです。

 

身長が低いことを言い訳にしたくはないですが、野球は全身を使ってボールを投げる、さらには全身を使って重さのあるバットを振るという動作が主なので、どうしても大きい体の方のほうがボールに大きな「力」が伝わりやすいのです。

 

もちろん野球の技術は身長とそこまで関係ありませんが「速い球を投げる」「飛距離を伸ばす」「たくさんホームランを打つ」など力が関係するところにおいては、身長が高ければ高いだけ有利になります。

 

野球は身長が高いほうが注目選手になりやすい

身長を活かしたバッティング

 

野球はバレーやバスケの身長の重要さとは少しイメージが違います。

 

バレーはより高い位置からスパイクを打ち、より高い位置でブロックできるとポイントが取りやすくなります。つまり身長の高さが直接的な攻撃と防御につながるのです。

 

バスケもそれに近いですね。攻撃面ではジャンプした時点の最高到達点が高ければ高いほど直接シュートを決めやすくなりますし、守備面では身長の高さがあれば相手がジャンプして投じたバスケットボールのシュートを防げやすくなります。

 

これらはバレーやバスケのプレーのほんの一例ですが、身長が攻撃にも防御にも有利に働いているのがお分かりだと思います。

 

それに対して野球は、身長の高さが目に見えて有利に働ていると分かるシーンは比較的多くありません。

 

ジャンプして届くか届かないか微妙なライナー性の当たりを高身長を活かして捕球するなど、身長の有利さが目立つシーンもなくはないですが、それよりも目立つのが「ボールにド派手な威力を伝えること」です。

 

先ほどお伝えした「速い球を投げる」とか「遠くへ打球を飛ばす」ですね。

 

これらは筋肉も大きく関係していますが、野球は全身運動かつ遠心力が大きければ大きいだけより強いパワーをボールに伝えられるスポーツですので、極端な話筋力はそこまで強くなくても身長が高くて遠心力が大きければ威力のあるボールは投げやすいですし、バッティングの飛距離も上がりやすくなります。

 

ですので、高校や大学や社会人、さらにはプロ野球という上の世界で戦いたい気持ちがあるのなら、成長期である中学生や高校生の間に1cmでも身長を高くすることは本当にとても重要な要素になります。

 

活躍している高校球児やプロ野球選手の平均身長がすごい

校歌を歌う高校球児

 

実際に高校野球の中でもトップクラスにいる球児やプロ野球選手のデータを見ていただくとわかりやすいと思います。そこで甲子園出場校の高校球児やプロ野球選手の平均身長をまとめてみました。

 

  • 甲子園出場校の選手→平均身長約174cm、平均体重約72kg
  • プロ野球選手→平均身長約180cm、平均体重約80kg

 

もちろん、年によって多少の上下はありますが、毎年だいたいこれくらいが身長と体重の平均値になっています。

 

とくに甲子園の優勝候補クラスの高校球児は平均身長が170cm後半レベルになってきます。高校生で平均身長が170cm後半なのです。さすがとしかいいようがありません。

 

プロ野球選手の平均身長が約180cmなのもとてもすごいですが、高校大学社会人の中でもトップで活躍した方々の集団なので納得ですよね。

 

体は小さいけれど活躍している選手もいる

堅守の選手

 

野球は身長が低いよりも高い方がボールに力が伝わりやすいから有利で、実際に甲子園出場選手の身長は平均で174cmもあるとお伝えさせていただきました。

 

ただ、勘違いをして欲しくないのですが、身長が高くないとダメということではありません。身長は低いけれど、大きい選手に負けじと活躍されている選手は高校にも大学にも社会人にもプロにもいます。

 

身長が低い分、人一倍のトレーニングは必要になると思うのですが、身長が全てを決めるわけではありません。

 

実際に身長が170cmに満たないにも関わらず150キロを超える球速を投げる投手はいますし、ホームランを量産するパワーヒッターもいます。

 

ただ、そのような選手は本当の一握りで、基本的には身長が低いとどうしてもパワーが劣りがちなので、誰よりも速い球だったり迫力のある打球を打つことは比較的難しいです。

 

ですが、その代わりに身長が低い選手は「野球の上手さ」が他の選手よりも目立ちやすい特徴があります。

 

わかりやすい例でいうと、ポジションはセカンドで守備が上手い2番バッターのような選手ですね。

 

そのような選手は、身長が低いこともあり力で圧倒するプレーはできないけれど、より堅実に守備やバントをこなす「器用な選手」という良いイメージを持ってもらいやすいです。

 

ですので、身長が低いからといって活躍できないことはないということは覚えておきましょう。

 

すごい選手になりたいなら身長を伸ばそう!

成長のイメージ

 

身長が低いとパワー面では不利だけど、器用さは目立ちやすい。

 

とはいっても、やっぱりこれからも野球選手としてやっていくなら、できれば投手なら豪速球、野手なら豪快なホームランを打てる選手に憧れますよね。

 

実際に、先ほどの平均身長を見ておわかりいただけるように、活躍されている選手は身長が高い方が圧倒的に多いのが事実です。

 

身長が高いことを活かして活躍している選手をみたら「くそ…なんで俺は身長が低いんだ…」と悔しくもなってくると思います。

 

そんな中、もしもですが毎日数粒飲むだけで身長のための栄養をしっかりと摂取できて理想の高さに近づける身長サプリがあったら飲んでみたいですよね。

 

そのような体の成長サプリがあったら、絶対に今よりも球速は数キロ以上速くなるし、バッティングの飛距離は数十メートルも上がるはずです。

 

実は、まさに中高生専用の身長サプリが登場したのです!

 

それが「プラステンアップ」というサプリメントです。

 

プラステンアップ

 

プラステンアップは、しっかりと身長を伸ばすために必要な栄養が含まれている中学生や高校生専用の身長サプリメントです。

 

とくに中学生や高校生は大事な成長期なので、その間にプラステンアップを飲んでいるかどうかで今後の身長が大きく変わってくるといっても良いくらいです。

 

しかもプラステンアップは、今だけ特別に初回80%OFFのキャンペーンを実施しているので、あなたも野球でもっともっと速い球を投げたり、より打球の飛距離を伸ばしたい気持ちが強いなら親にお願いして買ってもらいましょう。

 

あなたがこれからもっと野球が上手くなってすごい選手になりたいならプラステンアップは絶対に他には変えられない力になってくれるはずです。

 

ぜひ、プラステンアップで一回りもふた回りも大きくなって注目を浴びる野球選手になってくださいね!

 

>>プラステンアップの初回80%キャンペーンの詳細はこちらです
プラステンアップ